リノベーションで空室を満室に転換−オーナーズエージェント高知によるリノリースCLUBの目的

 
  空室対策・満室経営、改築、建替、売却、購入(投資)相談はオーナーズエージェント高知へ。
ホーム不動産コンサルティングリノリースCLUB家主様の声ご挨拶お問合せ
 
 

空室でお困りの家主さまに、家賃保証とリノベーションで満室経営・収入アップに転換するリノリースCLUBの目的をご紹介します。

 
   トップページ > リノリースの目的  
 
リノリースCLUB

リノリースCLUBの一番の強みのオリジナリティ溢れる再生術と、リーシングのフォローを通して空室物件の即満室を実現します。家主様の支出削減と収入アップを実現し、利益の拡大につなげることを目的とします。
キャッシュフローが向上し、お部屋の資産価値を上げ、家主様の大切な資産であるアパート・マンション経営が持続可能になることを目指します。
また、家主様のリノベーション投資に対して費用対効果を出すために、竣工して40日以内で入居が決まらなかった場合は家賃の保証をし、家主様の安定収入が実現できるようなシステムになっております。


誰もがそこそこの点数をくれるありふれた部屋ではなく、たとえ1人のひとであっても「絶対にここがいい!」と即決するようなお部屋。でもそんなお部屋作りだけで空室物件が即満室になることはありません。
満室になるプロセスには、多くの内見者を惹き付けるリーシングフォローが必要不可欠です。
空室の家賃保証があるから満室と考えるのではなく、家賃保証は費用対効果を出すための手段であり、リノベーション+リーシングフォローが家主様の費用対効果にもつながることを忘れないでください。



自社仲介力の弱い不動産管理会社の場合は、商品としての物件力がなければ客付けできず、多額のリフォームを勧めてきても、結果(満室経営)には責任を持ってくれない場合があり、結局、家主様が原状回復や巡回清掃、管理をどこに任せるかが勝ち負けを決める重要な鍵となります。
また、空室が埋まらないだけでなく現在の入居者までが退去する状態になると、家主様の返済にまで影響を及ぼし、首が回らない状態になりかねません。厳しいこの時代において、入居者からの支持がないお部屋は長期空室2〜3年は当たり前の時代が目の前に来ています。そこで、満室物件所有者層オーナーの考え方と5つの特徴を紹介いたします。








リフォーム会社、建築会社にとってはお部屋のリフォームが目的であり、満室経営とはまったくの無縁の世界ですが、リノリースCLUBのリノベーションは満室にするまでの1つの過程であり、家主様が考える持続可能な満室経営を共に目指すことが目的です。リノベーションをしたけれど入居が未だに決まらない。という状態では投資の意味がありません。リノリースCLUBの特徴は、リノベーションだけではなく家主様と同じ方向を向いて仕事に取り組んでいることです。







コンサルティングデスク概要
コンサルティングデスクとは
コンサルティングにおける理念 市場調査
建築プロデュース
リノリースCLUB概要
リノリースとは リノリースの目的 リノリース導入後メリット
リノリース導入実例
リノリース安心保証
リノリース対象物件
家賃保証形態
リノリースの流れ
リノリースQ&A リノベーションの必要性
リノリースCLUBを必要とする家主様向け
オーナー様の心得10カ条
賃貸業界の実態/時代の背景 リノリースCLUBの強み/特徴
 
  Copyright (C) Owners Agent kochi All Rights Reserved.